何故膝に水がたまるのでしょうか。

■2019/12/21 何故膝に水がたまるのでしょうか。

中高年の特に女性の多くの方々が、膝の痛みに苦しんでしまいます。膝は主に太ももの筋肉(大腿四頭筋)に支えられていますがどうしても女性の方が筋力が弱いために、男性よりも膝痛に悩まされることが多いようです。また骨格で見ると、骨盤が下がって、左右の坐骨が外側に開いて、0脚になって、体重が外側に、足の外側に体重がかかった状態になっています。x脚の人は足の内側に重心がかかっていますが、0脚の人もそのように内側に重心をかけるように意識することが大事だとおもいます。膝が変形すると、筋肉や靭帯に負担がかかり、その為炎症がおきてしまいます。その炎症を鎮める為に水(リンパ液)が膝に溜まるわけです。膝の熱を冷やす為に水を溜めているのに、その水を抜いてしまうのはどうかと思います。膝の変形が無くなると、当然水は溜まらなくなります。膝の変形を少しでも無くなるように努力することが大事だと思います。自分では、足が床に届かないくらいの少し高めの椅子に腰掛けて、脚をブランブラン前後に振るのがいいと思います。

新着一覧

■2020/02/25 眼精疲労と肩凝り
■2020/02/22 風邪予防
■2020/02/21 花粉症対策。