外出自粛など何かと不便の多い日が続きますが、心身のバランスを崩す人が多くいらっしゃいます。その中でも「コロナ禍で不眠になった、よく眠れない」などで悩んでる方が多いようです。

眠りたいのに眠れないのは本当につらいものです。不眠になると免疫力も落ちますし、身体の疲れもとれず、集中力もなくなるなど様々な症状を引き起こします。

寝つきは良いがすぐ目覚めるのはうつ病、寝つきが悪いのは高血圧や動脈硬化といわれます。また年をとると朝早く目が覚めます。

指圧や整体で、筋肉や関節をほぐすと精神の緊張もとれて眠りやすくなります。特に屈筋を伸ばすとよく眠れるので、脚の後ろの筋肉(大脚二等筋、腓腹筋など)を伸展させるのは効果的です。あと足の裏のかかとの中央の失眠穴や耳の後ろの安眠穴や手首の神門穴の刺激もいいのですが、まずは五臓六腑のバランスを整え、骨格を調整し、筋肉をほぐすことです。

当院では患者様に合った施術を行います。
お気軽にご相談ください。

電話:03-3779-1528
火・水・金:10:00~19:00
木・土・日:10:00~16:00
月:休診日