花粉症人口の増加

年々花粉症の人が増えていますが、生活習慣の変化とか大気汚染とか大気汚染とかが影響しているようです。
原因は過剰な防衛反応です。どういうわけか花粉を敵とみなし撃退しようとします。
鼻づまりにして花粉の侵入を防いだり、くしゃみ、鼻水、涙で花粉を外に追い出したりしているのです。病原菌でもない花粉を間違って敵と判断し攻撃する、これがアレルギー反応なのです。

気をつけたいこと

花粉症は、自律神経に関係しているので、過労や睡眠不足に注意し、ストレスをためないことです。
食事はまず食べ過ぎないこと(少食にするだけでも症状は軽くなります)。

  • たんぱく質を控える(肉や卵らのたんぱく質はアレルギーを加速させます)
    甘いもの(砂糖製品)、油ものを控える(とればとる程悪化します)
  • 水分をとりすぎない(東洋医学ではアレルギーは水毒とみています。体内にたまった余分な水分がアレルギー体質を生みます)
  • 体を冷やさない(水分のとりすぎや体を冷やす果物などにも注意しましょう。花粉症の人はほとんどが冷え性体質です)

お茶ならローズヒップやペパーミントティがおすすめです。アロマはティートリー(1,2滴をお茶に入れて飲む)ユーカリ(香りをかぐ)が良いです。

東洋医学は花粉症に良い効果を発揮します。ぜひお試しください。

治療で使うツボは、太谿(たいけい)、太白(たいはく)、脾兪(ひゆ)、腎兪(じんゆ)、合谷(ごうこく)、華蓋(ががい)、承山(しょうざん)、聴官(ちょうきゅう)、迎香(げいこう)、上星(じょうせい)、印堂(いんどう)等で免疫機能の調整を行います。

当院の治療

基本治療
6,000円(初診料2,000円)