急性腰痛の治療法

ぎっくり腰を代表とする、急性腰痛の特徴は、急に発症することと、痛みが出た直後は身動きがとれないほどの激痛に襲われることです。腰を動かした瞬間に激しい痛みが走り、その姿勢のまま動けなくなったり、歩くこともままならない状態に陥ったりと、非常にツライ症状です。

急性腰痛と慢性腰痛の治療法は異なります。急性腰痛の場合、炎症が起きている部分を温めると、痛みがかえって強くなります。痛みが強いときには、楽な姿勢をとって痛みが静まるのを待ちます。無理に動くと痛みが悪化しますので、くれぐれも安静にしてください。横になり、ひざの間にタオルをはさむと、痛みが和らぎやすくなります。保冷剤や冷湿布などで幹部を冷やすのも効果的です。

慢性腰痛の治療法

腰の筋肉や関節が固まると、慢性腰痛を引き起こします。痛みがひどくなる前に、ストレッチで腰周辺の筋肉や関節を伸ばしましょう。左右にひねったり、背中を反らしたり、丸めたりすることでほぐれます。腰痛のない人も、予防のために普段からストレッチを行うことをおすすめします。

冬になると冷えが影響し、腰痛に悩まされる人が増加します。体が冷えると筋肉が収縮して、血行が悪くなるためです。このような場合は、腰が冷えないようにするだけで痛みがかなり改善します。ふくらはぎをもんだり、たたいたりすることも腰痛改善に役立ちますのでお試しください。

当院の治療

鍼(ハリが苦手な人には使用しません)
温灸(肌に跡はつきません)
指圧、整体、マッサージ等で施術します。
治療時間:1時間~1時間半

初診料
2,000円
治療費
6,000円

※東洋医学は総合治療なので、基本治療に関しては腰痛、肩こりなど、いくつ組み合わせても料金は変わりません。