患者様からよくいただくご質問を集めました。
施術内容などでご不明な点がございましたらお気軽にお電話でご質問ください。

ご予約・お問い合わせ
03-3779-1528

受付時間
火・水・金: 10:00~19:00
木・土・日: 10:00~16:00
月: 休診日

鍼(ハリ)について

  • 鍼は痛くありませんか?

    一般に使用している鍼は髪の毛程に細く、刺されてもほとんど痛みを感じません。

  • 衛生面は大丈夫ですか?

    使い捨て鍼、又は個人専用鍼で高圧滅菌消毒もしていますので全く安全です。

  • 深く刺すのですか?

    体質や病状や部位によって刺す深さは違います。
    経絡(帰血の流れ)調整ではほんの数ミリ刺すだけですし、接触針といって、刺さない方法もあるんですよ。

  • 血は出ないのですか?

    鍼を抜いたあとも血は出ません。

  • 針の跡は残らないのですか?

    全く残りません。顔面へも鍼をうつことがありますが、肌が美しくなりますよ。

  • 何本ほど刺すのですか?

    1~2本の人もいれば十数本の人もいるという風に体質や症状によって違ってきます。

  • 鍼は刺したままですか?

    すぐ抜くこともあれば少し刺したままで置いておくこともあります。

  • すぐ風呂に入ってもいいのですか?

    別に差し支えはないのですが、鍼は身体の調整です。風呂に入ったり運動したりとあまり身体を活動的にさせますと、鍼の効果が薄れるということで、すぐには入浴しない方が良いでしょう。

 

灸について

  • お灸の材料はなんですか?

    もぐさといって、よもぎの葉を乾燥させて綿のようにしたものです。

  • 衛生面は大丈夫ですか?

    使い捨て鍼、又は個人専用鍼で高圧滅菌消毒もしていますので全く安全です。

  • お灸は熱くないのですか?

    お灸は熱を感じさせるものですから、熱くなくてはお灸ではありません。
    しかし、慣れてくるととても気持ちの良いものなのですよ。

  • 焼け跡はつきませんか?

    温灸、焼灼灸、糸状灸、知熱灸等いろいろな種類の灸がありますが、こちらではいづれも全く跡はつきません。

  • 温灸とはどういったものですか?

    直接もぐさの火が肌に触れず、空間をへだててあたためる為、ポカポカと陽なたぼっこをしている様に気持ちがいいです。

  • 焼灼灸とは?

    もぐさを肌の上で燃やすのですが、これも当治療院独自の工夫があって焼け跡もつきませんし、とても熱いものではありません。

  • 糸状灸とは?

    急性症状(ぎっくり腰、寝違い)や炎症部位(ひざ、くるぶし等)アトピー性皮膚炎、マヒ、ストレス症状らに用います。
    糸のように細いもぐさを肌の上に立ててチクチクと燃やしていきます。これも跡はつきません。

  • 知熱灸とは?

    幹部に大きめのもぐさをのせて、燃やして熱く感じてきたら速やかに取りのぞきます。こりや痛みの場所に用います。

 

指圧について

  • こり(しこり)って何ですか?

    筋肉の異常収縮ですが血液中に疲労物質(乳酸等)がたまり、筋肉に栄養物(グリコーゲン等)が不足したとき起こります。

  • こるとなぜつらくなるのですか?

    筋肉が硬くなると血管や神経が圧迫され痛みやしびれやだるさなどを感じているのです。

  • 身体が硬いのですが・・

    骨格は筋肉が支えています。筋肉が硬くなると骨格も硬くなります。
    まず筋肉を軟らかくすることが大切です。

  • 指圧はなぜよいのですか。

    筋肉や関節を柔軟にします。
    血液やリンパ液の循環がよくなり新陳代謝が盛んになり内臓を丈夫にし神経機能も調和させます。

  • 副作用はありませんか。

    薬の様な副作用はありませんが、押し方を間違わないことです。

  • 間違った押し方はありますか?

    強く押しすぎたり時間が長かったりその時の状態に合った押し方は必要なのです。

  • 強く押されるのが好きなのですが・・

    筋肉をこれでもかというほど強くもむと、筋肉も反発してますます硬くなります。
    筋肉のこりをやさしくほぐしていくつもりでやる方が効果的です。

  • いつ押してもいいのですか?

    ぎっくり腰や寝違いなど急性症状の時にあまりその場所を強くもんではいけません。

  • 他に押してはいけない時はありますか?

    虫垂炎等の炎症疾患、皮膚病、泥酔時、衰弱のひどい時、妊娠初期(4ヶ月くらいまで)食後すぐなどはひかえましょう。

  • 素人でもツボ押しは大丈夫ですか?

    乱暴な押し方さえしなければ大丈夫です。効果はあらわれるはずです。

  • 押すこつは何ですか?

    一般的にはゆっくりした呼吸で息を吐きながら押していき、息を吸いながら離すというのをくり返します。
    やさしくいたわる気持ちが大切です。

  • 体調が悪くない時でも押していいですか?

    元々は予防医学でもあります。
    不快症状や病気にならない為にも普段から続けることはとてもいいことです。

  • 指圧だけでも治療効果はありますか?

    勿論あります。鍼や灸や整体と同様指圧も立派な治療手技です。

 

整体・ハンマー整体について

  • 整体って何ですか?

    本来は整体術というべきで、ゆがんだ身体を整ったバランスのよい身体にすることです。

  • 身体のゆがみはなぜよくないのですか?

    ゆがみは神経や血管を圧迫し、経絡(気血の流れ)の流れも滞らせてしまいます。

  • なぜゆがむのですか?

    日常の姿勢や動作(歩き方、登り方、寝方など)が一番関わってきます。

  • 骨がゆがむのですか?

    骨は筋肉で支えられています。従って筋肉のアンバランスを治すことと、骨の矯正は共に必要です。

  • 矯正はボキボキ鳴らすのですか?

    普段こちらで行なっているのは、ストレッチ風のソフトな矯正法です。

  • 痛くないのですか?

    痛みはほとんどありません。

  • 整体をする部位は?

    骨盤、背骨、腰骨、首、肩、肘、手首、膝、足首など全身どこでもです。

  • 太る原因は骨格にあると聞きましたが?

    骨格の状態は太る原因の大きな要素です。肋骨が広がると上半身太りになりやすいですし、骨盤が広がると下半身太りになりやすいです。

  • O脚も骨盤ですか?

    O脚の原因はいろいろですが、その1つに骨盤の左右の坐骨の広がりがあります。坐骨を狭めることがまず必要です。

  • 顎関節のズレも治るのですか?

    最近、顎関節のズレている人がとても多くみられます。顔がゆがむといった見た目だけでなく、よく噛まない為に胃腸も弱くなったりと、体に及ぼす影響は大きいのです。矯正でよくなります。

  • 身体のゆがみは自分で分かりますか?

    左右の肩の高さが違う、左右の靴底の減り方が違う、へその位置が中央でない、横すわりが左右でやりにくい側がある、寝転ぶと足の傾きが左右で違う、口がゆがんでいる、左右の目の大きさが違う、鼻が曲がっている、耳の高さが左右で違う、目を閉じているとまっすぐ歩けない、目を閉じると片足で長く立っていられない、等々あります。

 

オイルマッサージ

  • 身体のどの場所をしていますか?

    顔以外の全身を行なっています。【 背中、腰(でん部)、脚(表と裏)、バスト、腹、腕 】

  • 一部位でもいいですか?

    一部位から希望に応じて行なっています。

  • 一部位で何分くらいかかりますか?

    約20分くらいです。

  • マッサージは痛いですか?

    気持ちよいと思います。こっている部分をほぐす時、少し痛いくらいです。

  • オイルの内容は?

    植物性のオイルをブレンドして使っています。ウエストはヒマシ油を中心に、太ももはゴマが中心、バストはホホバというように、部位別にオイルの配合が違ってきます。

  • アスカ鍼灸治療院のオイルマッサージの特徴は?

    エステティックサロンで行なっているようなマッサージに加えて、パーソナルマッサージ、筋肉伸展マッサージ、チューブしばりマッサージなどいろいろあります。

  • パーソナルマッサージとは?

    体質(陰虚、陽虚、気虚、血虚、癒血、疾湿)に応じてそれぞれ経絡(東洋医学でいう気血の流れ)とツボを利用した個人別のマッサージです。

  • 筋肉伸展マッサージとは?

    マッサージする場所の筋肉を充分伸展させたり収縮させたり、筋肉に変化をもたせたマッサージで、それにより内部まで刺激を伝えることができます。

  • オイルマッサージでやせますか?

    骨格の矯正、経絡の調整と合わせてオイルマッサージをしていますので、新陳代謝が高まりやせてきますし、又体質的にも太りにくくなってきます。