多くの女性に反響のあるダイエット企画

大多数の女性は、「もっとやせたい」「プロポーションを良くしたい」と思っているようです。
数年前、私の著書「寝るだけ骨盤ダイエット」(学研)がベストセラーになったこともあって、痩身を希望する女性がたくさん来院します。
食事量を減らす。甘いもの、油物、炭水化物を減らす。よくかんで食べる。代謝をあげる為に筋肉をつける。よく体を動かす。
これらは、分かっていても継続するのが難しいわけです。
太るメカニズムは、いろいろな要素がからみ合っていて、簡単なようで決して簡単ではありません。皆さんが悩むのも当然です。私の治療院では、次の9項目を心がけて治療をしています。

アスカ鍼灸治療院の9項目

骨格矯正

左右の肋骨の角度が広がっている人は(90°が平均)は上半身太りに、骨盤の左右が広がっている人(90°が平均)は下半身太りになりやすいので、その為の矯正が大事になります。

 

旺盛な食欲と吸収を抑える

胃が働きすぎると食欲が増しますし、小腸が働きすぎると栄養を吸収しすぎます。病院では胃を半分切除したり、小腸を短くする手術などおこなわれているようです。ツボ刺激や整体で胃や小腸の調整をします。

ストレスを無くす

ストレス食いというように、ついつい食べてストレスを発散しようとします。まず、ストレスをなくすようにすることが大切です。ストレス解消のツボは体中にいくつもあります。

偏食を改善

甘いもの、油っこいもの等、片寄ったものをとくに好むのは、五臓六腑のバランスが乱れです。内蔵の調整で好みが変わってきます。

冷え性を改善

体が冷えていると代謝が悪く、脂肪がつきやすくなります。体温があがるよう体質改善が必要です。

自律神経調整

自律神経の交感神経と副交感神経のバランスをとることで栄養の消化と吸収、そしてエネルギー放出のバランスがとれます。体の経絡調整と同時に、耳ツボも併用します。

血液、リンパ液の流れを良くする

血液やリンパ液の流れを良くし、代謝を盛んにすることで、老廃物を排泄させる体にすることが大切です。東洋医学では経絡(ケイラクといってエネルギーの流れの道)の流れをよくすることが血液やリンパ液の流れを良くすることになります。

内分泌(ホルモン)調整

脂肪細胞がつくるホルモン(レプチン)が食欲に関係しています。また深く眠ることで分泌される成長ホルモンは食欲を抑える働きがあります。深く良い睡眠がとれるようにならなくてはいけません。甲状腺ホルモンも代謝に関係します。鍼での施術が中心になります。

硬い体をほぐす

筋肉や脂肪が硬い内はなかなか痩せません。筋肉や脂肪をハリや指圧や整体でできるだけ柔らかくする必要があります。やせる為には、どれも必要な項目なのですが、個人個人、体質や生活環境も違います。それぞれに合った方法で治療を行います、お気軽にいらして下さい。

当院の治療

指圧、整体、マッサージ等で施術します。
鍼(ハリが苦手な人には使用しません)
温灸(肌に跡はつきません)
治療時間:1時間~1時間半

初診料
2,000円
治療費
6,000円

※東洋医学は総合治療なので、基本治療に関しては腰痛、肩こりなど、いくつ組み合わせても料金は変わりません。

【部分痩せ】

腹部痩身
5,000円
臀部痩身
5,000円
脚やせコース
6,000円

※オイルマッサージコースもございます。